ご挨拶 (院長 : 内田 竜生)
 内田クリニック(H19年5月1日開業)を開業いたしまして9年が経過しました。
 
H29年6月現在、19000名の新規患者様においで頂きました。
 ありがとうございます。
 当院にて対応困難な救急の重症患者様につきましては、近隣の地域医療支援病院となった関東労災病院等と連携をはかりながら対応しております。
 当院は、リハビリ、整形外科を専門といたしておりますが、脳卒中をはじめとした内科疾患についても対応しており、重度の障がいをお持ちの方を優先して診療いたしております。
 また、特徴としまして、脊髄損傷患者様の抱えるいかなる合併症にも対応できるように準備しております。現在当院には約60名近い脊髄損傷患者様が通院しており、おそらくクリニックとしては日本で最も多いのではないかと思います。
 リハビリは理学療法士2名、運動器セラピスト2名が、マンツーマンで30分対応しており、リハビリの質の高さは保障いたします。どうぞ、クリニックをうまくご利用ください。

診療科目
    『リハビリテーション科』『整形外科』『脳神経内科

 クリニック理念
1. 患者様の生命を尊重し、患者様の尊厳を保持し、適切な医療サービ
スを提供する
2. 疾病の治療、痛みをとる治療、障害と安心してつきあえる医療を提供
する
3. 治療上の必要に応じリハビリテーション・予防医療を導入する


 経歴  資格
1984年 4月 産業医科大学卒業後、整形外科教室入局
関東労災病院にて臨床研修、その後整形外科医として勤務
日本リハビリテーション医学会 認定専門医

日本整形外科学会 認定専門医

日本職業災害医学会 会員

日本医師会 認定産業医
1988年 7月 珪肺労災病院 整形外科勤務
1989年
1990年
7月
7月
産業医科大学 第一解剖学教室助手
関東労災病院 リハビリテーション科医師
1992年 4月 オーストラリア Royal Adelaid Hospital Spinal Unitにて研修
10月 関東労災病院 リハビリテーション科 副部長就任
1995年 4月 関東労災病院 リハビリテーション科 部長就任
1998年 4月 関東労災病院 勤労者リハビリテーションセンター長就任
2007年 3月 関東労災病院 退職
2007年 5月 内田クリニック 開業
現在に至る
 専門分野 趣味:野球、山歩き、美術鑑賞

(都立国立高校野球部エースとして活躍
西東京大会ベスト8(昭和49年秋、昭和50年夏)、
 研究分野
脊髄損傷

骨関節疾患

脳卒中
脊髄損傷者の死因統計に関する研究

筋収縮閾値以下の電気刺激の有効性に関する研究

痙性の定量的評価に関する研究